上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 |Trackback(-)|Comments(-)
RIMG0101.jpg

上の写真はお客様の木型ではないのですが、ある方のビスポーク木型の写真。


木型を渡されたとき、嫌な予感が…。

確かデザインはホールカット…。


底付けに入る前に、まず木型の形をチェックするのですが、
こちらの木型でひとつだけ気になる点が、内踏まずのえぐり具合。

このえぐり部分にアッパーが付くように吊り込むのは、大変なんです。

革が柔らかければ、そうでもないのですが、ハリのある革は格闘になります。

また、ヴァンプの部分に継ぎ目があるオックスフォードやダービーのようなデザインであれば
楽になるのですが、ホールカットということで、平らな革をえぐりに合わせて吊り込むわけです。



吊り込み後が、下の写真。

チカラ技でクリアしました。

                                                      五十嵐

RIMG0104.jpg










スポンサーサイト
|未分類 |Trackback(0)|Comments(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © Saionのブログ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。