上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 |Trackback(-)|Comments(-)


こんばんは、横山です。今日は納品待ちしているパターンオーダーのカットを。

 ここ最近パターンオーダーのご注文はオプションでフルハンドにする事が多くなっています。

 パターンとはいえ、調整を加えたシューツリーが付いて、フルハンドでべヴェルドウェストにすると

 見た目はビスポークの靴となんら変わりありません。

 使用するライニングによっては、ツリーも染色したりもしているので、なかなかいい感じに仕上がって

 おります。IMGP3829.jpg

 先日仕入れた、ウェインハイマーのヴェルベットボックスはだいぶ好評を博しておりまして、

 結構、品薄になりつつあります。

IMGP3832.jpg
 
 これもパターンオーダーの靴ですが、トウ先をよりスクエアに強調しています。

 磨きも終わったので、後は納品するばかりです。どちらの工房でも同じだと思いますが、

 納品時が一番緊張します。僕はかなり汗っかきなので、接客時は常に汗だくになっております。
IMGP3831.jpg

 これは、ビスポークの2度目の仮縫いの靴の底付け途中のものです。置いてあるサンプルのデザイ

 ンを気に入って頂き、そのままのデザインで作っております。この後、出し縫いを掛け、ヒールを付け

 て、仕上げをして・・・。その靴をしばらく履いて頂いてから、最終調整をして、本番へと入っていきま

 す。仕上がりまでにお時間は掛かりますが、僕らとしても育て上げた、大事な娘を嫁に送り出す

 ような気持ちです。ひとつ違うのは暫く経ってからの出戻りが嬉しく感じるところではないでしょう

 か?ちゃんと履かれて戻ってくるのは職人にとって幸せな瞬間なのです。
スポンサーサイト
|未分類 |Trackback(0)|Comments(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © Saionのブログ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。