上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 |Trackback(-)|Comments(-)


 こんばんは、横山です。今日は練習用に作っていた1足について。

 何度かブログ中にも出てきていた、練習台として作っていた靴です。

 この靴ではアッパーのミシン(ダブルステッチ)、パイピング、スキンステッチ、パターンの練習を兼  

 ね、底付けでは中底の設定、ウェルトの加工、シャンクの形状、出し縫いのピッチ(16目)、底の

 仕上げ方を課題として練習しました。

 PICT2282.jpg

 常により良い方法を模索している為、1週間も経つと作り方が変わってしまっている事が往々に

 してあります。この靴で試していたやり方も、出来上がる頃には旧式の手法になってしまいました。

 IMGP3817.jpg
IMGP3821.jpg
 
 ちなみにアッパーに使われている革は自分で染色したものです。最近は染料のカラーバリエーショ 

 ンも増え、好きな色を表現出来るようになりました。
 
 作りの方では、なかなか想う上がりにならず、悶々とした状態で終わってしまいました。

 お客様にもっと喜んで頂ける靴を作れるようになりたいと心から思う、最近の心境でした。
スポンサーサイト
|未分類 |Trackback(0)|Comments(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © Saionのブログ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。