上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 |Trackback(-)|Comments(-)


こんばんは、横山です。今日はビスポークのお渡し前の靴から1コマ。


 Saionのビスポークではお客様のご要望に合わせて、幾つかの製法を使い分けています。

 写真のお客様は、出来るだけ履き始めから返りが良くて、軽い靴をとのご要望でした。

 お客様のご年齢、体型、歩き方、使用目的を考慮し、製法はボロネーゼに決定しました。

 通常、ボロネーゼ製法はアッパーを作る段階で踏みつけ部もミシンで縫いつけて袋状に

 してしまう為、左右の木型(大きさ、厚み等)が違うものでは作る事が出来ませんでした。

 これは釣り込み後に踏みつけ部を手で縫いつける事により、問題点は改善され、左右の差異にも

 対応できるようになりました。ウェルト製法はどうしても副資材が多く、ウェルトを介する為、

 履き始めは硬く、重くなってしまいます。お客様のご要望に出来るだけ副える様、製法もウェルト

 に限定はしておりません。邪道と思われるかもしれませんが、製法ではなく、履き心地にこだわって

 こそのビスポークだと僕は思います。

スポンサーサイト
|未分類 |Trackback(0)|Comments(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © Saionのブログ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。