上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 |Trackback(-)|Comments(-)
RIMG0064.jpg

写真はビスポーク仮縫い1回目のからげ縫い完了の写真です。


ビスポーク仮縫い1回目は吊りこんだ後にからげ縫いをし、
簡易なソールとヒールを貼って、お客様に履いていただきます。


仮縫い用の靴作りも各ビスポークメーカーによってさまざまです。


アッパーと中底に縫いをかける理由は、すくい縫いを簡易に再現するためです。

すくい縫いは、ある程度強めに引っ張っていきながら縫っていくのですが、
糸を引っ張ると、アッパーも引っ張られるため、より木型に添う靴を作ることができます。

からげ縫いは、すくい縫いほどアッパーにテンションはかかりませんが、それに近い状態を
つくることができますし、手間もかからないので採用しています。


仮縫い2回目ですくい縫いをし、最終確認というかたちです。





『ビスポークの靴は1足目で完全に足に合う靴はできず、2足目3足目と作っていくうちに
より完成度の高い靴に近づいていく』というニュアンスの記事をよく目にします。


お客様は高いお金を払ってオーダーしているわけで、1足目で完成度の高いものができれば
それに越した事はありませんし、そうするべきです。

作ってる側はプレッシャーですけど…。                                    


                                   五十嵐
スポンサーサイト
|未分類 |Trackback(0)|Comments(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © Saionのブログ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。