上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 |Trackback(-)|Comments(-)


 こんばんは、横山です。それでは今日はボローニャ編です。

 リネアペレは世界最大規模の靴、鞄等の資材の見本市で世界各国からさまざまな人が
業者さんとあーでもない、こーでもない言いながら交渉、発注をしていました。例に漏れず、Saion
もビスポークやパターンオーダーで使う革を発注してまいりました。

 ここ最近、雑誌でも取り上げられて知名度が上がったのか、ウェインハイマーのボックスカーフ
で作りたいとのお客様の声が多かったので、黒のカーフをサンプルとして仕入れました。
 ウェインハイマーのボックスカーフは今までも何度か使った事があったのですが、硬すぎる
と感じていたので、今回は日本での取り扱いがないヴェルベットボックスを仕入れてみました。
この革は見た目は通常のボックスカーフと変わらないのですが、少し柔らかめの仕様になって
います。まだ届いてはいないのでお見せする事ができませんが、柔らかさの感じがかつての
フロイデンベルグを彷彿とさせるものがあったので、かなり期待しております。
 その他にもタンナー名は挙げませんが、仕上げで色や質感の調整が出来るイタリアンカーフ、
それと今までなかなかいいのが見つからなかった、型押しの革も発注してきました。
 
 あと、そんなに名前は知られてはいませんが、いい感じの革もありました。が、価格がかなり
高額だった為、今回は断念する事に・・・。 これはまた次の機会に。

 明日は、最終日に寄ったミラノ編をお届けします。
スポンサーサイト
|未分類 |Trackback(0)|Comments(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © Saionのブログ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。