上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 |Trackback(-)|Comments(-)


こんばんは、横山です。

今日は以前納品させて頂いた、音楽プロデューサー松任谷正隆さんの靴です。


最初のお打ち合わせ時に松任谷さんからは、

・基本シンプルなものが好き

・全体的にボリュームがあってごついのがいい

・デザインはまかせる

この3点を満たす靴という命題をお受けしました。

ある程度はこの段階で全体像は見えてきましたが、1回目の仮縫い時に

何かしら音を感じさせたいなと思い、音符の穴飾りをご提案してみました。

2度目の仮縫いでは試しの穴飾りを施し、実際に2度目の仮縫いでは9分仕立ての靴を

しばらくお履き頂きました。その時の改良箇所を踏まえて完成したのが、この靴です。



画像 021


画像 022



画像 024



画像 026




画像 028




画像 029


今まで、こういったタイプのアメリカンな靴はあまり作っては来なかったのですが、

自分的にもおもしろい試みになりました。



画像 181


画像 182


お履きになった姿もとてもよくお似合いでしたので、ほっと一安心です。


修理する頃、どんな経年変化をしているのかが今から楽しみです。

今回もとても楽しいやり取りをさせて頂いた松任谷さん、そして雲母社の方々にも

この場を借りて、御礼申し上げます。

スポンサーサイト
|works |Trackback(0)|Comments(0)
 |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 |TOPBack
Copyright © Saionのブログ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。