上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 |Trackback(-)|Comments(-)
blog_029.jpg


こんばんは、北村です。

靴作りでもっとも使用頻度の高い道具といえば、おそらくこの「ポンポン」でしょう!
いわゆるハンマーなんですけど、日本の靴職人はかわいらしくポンポンと呼びます。

もちろん職人は皆、MYポンポンを持っております。
しかし、それぞれ自分が使いやすいように加工をしているので、
元は同じものでも全く違ったカタチになっていることが多いのです。

さて、写真にも2つのポンポンが写っていますが、
柄の長さ・太さ、頭部の形状や角度など、異なっているのがお分かりいただけると思います。

左は横山のポンポン、右はわたくし北村のポンポンです。

横山のものは昔の靴職人から譲り受けた物なのだそうですが、
借りて使ってみると、これが抜群に使いやすい!
いたるところに加工がされていて、すべてのバランスが計算されている感じです。

やはり職人は道具を大事にし、調整を怠らないことが大切であるとあらためて思った次第です。



…しかーし!この横山のポンポンにも1つだけ弱点があります。
それは、あまりにも使い心地が違うため、他のポンポンでは釘が打てなくなってしまうということです!
スポンサーサイト
|未分類 |Trackback(0)|Comments(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © Saionのブログ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。