上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 |Trackback(-)|Comments(-)
今日は、お客様からのリクエストで注文した靴の進行状況を知りたいとのことで

途中経過をブログにてお伝えしたいと思います。


IMGP5314.jpg

上写真は、吊り込み作業前の写真で、アッパーと月型芯にカウンターセメントを

塗った写真です。

IMGP5316.jpg

アッパーに月型芯を貼り付け、さらに月型芯の内側にもカウンターセメントを塗ります。

吊り込んで、月型芯に付いた水気とカウンターセメントが乾くことにより、しっかりと成形された
型崩れしにくい踵になります。

ここから吊り込み開始です。

IMGP5318.jpg

釘を10本打った状態。

吊り込みのバランスをチェック。

IMGP5317.jpg

大丈夫なので、踵の方からきれいにまとめていきます。

IMGP5320.jpg

こちらはつま先に入っている先芯と呼ばれる芯です。

シンナーに浸し乾くと固まるタイプの芯で、革の芯よりも型崩れせず
つま先を薄くシャープに見せることができます。

IMGP5321.jpg

IMGP5322.jpg

吊り込み完了です。

IMGP5323.jpg

吊り込みの釘をはずしながら、アッパーと中底をからげる作業。

糸はナイロンの糸を二重にしているため麻糸よりもはるかに丈夫です。


IMGP5324.jpg

からげ縫いの後に、スチールシャンクをボンドで張り付けます。

IMGP5326.jpg

マッケイウェルトをボンドで張り付けます。

IMGP5327.jpg

中物のコルク板を敷き詰め、なだらかに整えます。

IMGP5328.jpg

本底をボンドで仮固定します。

この状態がマッケイ縫い前の状態で、今日の作業はここまでになります。


以上 T・I様の進行状況でした。

スポンサーサイト
|未分類 |Trackback(0)|Comments(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © Saionのブログ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。