上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 |Trackback(-)|Comments(-)
IMGP5060.jpg

パターンオーダーのアッパー。

上の写真は、オンザラストでモカ縫いしている写真です。

ツイストと呼ばれる技法で、アッパー(表革)の表から裏、裏から表へと針を入れて貫通させ、
麻糸で縫い上げていく縫い方になります。

縫いの幅やピッチを微妙にコントロールすることで、さまざまな表情を出すことができます。

ライニング(裏革)側には貫通していないので、履いたときに糸が足に触れることはありません。



下の写真は、セミビスポークのモカ縫いになります。

ライトアングルと呼ばれる技法で、モカ部分(内)と枠部分(外)のパーツが分かれており、
革同士を直角に合わせ、縫い合わせていきます。

縫う前に下準備が必要で、モカ部分に針で先に穴を開けていきます。
アッパーの表面に針を入れ、裏側を貫通しないように革断面のちょうどいいポイントに針を出す。

より手製をアピールできるような繊細な技法になります。

因みに最初この技法を教わったとき興奮したのを覚えています。
個人的にすごく好きです。

IMGP5068.jpg

五十嵐
スポンサーサイト
|未分類 |Trackback(0)|Comments(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © Saionのブログ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。